『美肌の大敵』紫外線・近赤外線から徹底的に肌を守る!! 秋枯れ肌ストップ!!夏ダメージケアオータムキャンペーン第1弾!!

【気象庁によるとUVインデックス3を超えたらUVケア推奨!!
→気象庁 紫外線情報UVインデックスでUV指数を確認!!

日本気象協会が「シミ・リバンド指数」で注意喚起!
日本気象協会がインターネット上で「シミ・リバンド指数」を1日5回更新しています。

秋になるとシミの予防対策をやめる女性が増えるため、
紫外線や乾燥といった悪化要因を数値化して注意の目安とします。
*「tenki.jp」にある「指数情報」の中の「肌シミ」


こんにちは。ドクターエビーゼオンラインショップです。日頃より、ご愛顧を賜りまして心より感謝申し上げます。

さて、秋が終わりを迎えつつ、日ごとに寒さが増し、風の冷たさが身に沁みるようになり、冬が目の前に迫ってきました。 どんな季節でもスキンケアやエイジングケアの基本は、常に清潔、保湿、紫外線・赤外線対策です。

しかし、この時期、気温が低く、乾燥する冬。お肌にとっては1年で最もシビアな季節です。 さらに肌の免疫力を下げ保湿力も一気に低下させ、水分や油分のバランスが崩れてしまうので、乾燥など外部からの影響に左右されやすくなります。

*お肌はこんな悩みのオンパレード
・冷房の影響も重なり、バリア機能、保湿機能が低下し、乾燥細胞が増え、きめが乱れる。
・メラニンが増加・蓄積&角質が厚くなり、ターンオーバーが不調。
・コラーゲン・エラスチンにダメージが蓄積し、小じわ、ハリの低下、タルミが出現する。

今のうちにエビーゼヒカリエイジングシリーズで肌を整え、厳しい冬本番を乗り切る肌が本来持つ【潤い力・肌体力】をつけましょう。

11月のスキンケア 7つのSTEP

肌の水分量や皮脂分泌量は、1年の気候変化に伴い、大きく変動します。
冬の肌トラブルは、気温と湿度の低下によって引き起こされます。
この季節は十分にすいぶんを浸透させ、油分で薄くベールをつくる保湿・保護が必要です。

ハリの無い、キメの乱れた、透明感のない肌状態に陥ってしまいます。

冬の肌の新陳代謝が落ちる原因は、末梢血流の低下です。
皮膚の表面や手足の末端部分は、体温を奪われないように血液の流れる量を制限します。その結果、皮膚には十分な栄養が行き届かず、肌細胞の新陳代謝が落ちます。
細胞の新陳代謝が落ちると、ターンオーバーのリズムも乱れます。皮膚のバリアを生み出す角質層は危機的状況に陥ります。

肌を取り巻く環境で、最も注意を要するのが有害光線と湿度の低下、つまり乾燥です。
さらに、暖房をしている室内は特に肌の乾燥に注意してください。

気温も湿度も低下する季節は、ウオッシングフォ—ムの次にエンリッチオイル、モイストローションから、徐々に油性成分の多いクリームをつけていくステップをしっかりと守りましょう。

1エンリッチオイル
2水分(保湿モイスチャー)モイストローション
3油分(保護エモリエント)ウオーターコロイドジェルクリーム

角質層ケア  +  有害光線カット
私たちが普段、自分の手で触れている皮膚は表皮と呼ばれる肌の層でも、一番上にあるのが「角質層、もしくは角層」。
【主な役割は、外部からの刺激から守る肌のバリア機能、そして内側に蓄えている水分を保持する機能です。また肌の表面を弱酸性に保ってくれる皮脂です。】

肌の乾燥が進むと、肌バリアが機能せず、刺激に弱くなったり、水分が逃げやすい敏感な肌になります。

角質層の構造は簡単で、「角質細胞NMF(天然保湿因子 )」
*ターンオーバーで死んだ細胞の集まりでわずかラップ1枚の厚さ
と「角質細胞間脂質セラミド」で構成されてます。

11月のKeyアイテム!

placeholder image

ウォッシングフォームでお肌の皮脂・汗・付着物(花粉や黄砂)を洗い流し、そして代謝アップ!

汚れが付着した皮脂や汚れは、しっかりと落とす洗顔を行います。 ウォッシングフォームの濃密炭酸が皮脂・汗・付着物・刺激物をしっかり優しく取り除き、そして濃密炭酸がお肌に浸透して血流が増加することで肌細胞の新陳代謝が活発になります。 代謝アップには、光老化対策/紫外線・近赤外線からの守りのケアも重要なポイントになります。 また、ウォッシングフォームに配合されていますプラセンタエキス(マリンプラセンタ)が光老化対策に強い味方となります。

*洗う順は、Tゾーン → Uゾーン → 目元口元の順で洗います。  32度くらい(手でさわるとやや冷たく感じる程度)のぬるま湯の流水を使用しましょう。
placeholder image
placeholder image

【エンリッチオイルシリーズ】の特徴!

エンリッチオイルの一番のメリットは、肌を柔軟に整えてくれます。ゴワつきがちな秋の肌もオイルでやわらかくほぐしてあげれば、モイストローションを後に使用する場合、肌なじみもぐんと高まります。 また、エンリッチオイルには角質内にとどまり肌のバリア機能をサポートする働きもあるため、乾燥してデリケートに傾いた肌の強い味方です。
placeholder image

【新モイストローション】の特徴*低刺激・乾燥肌対策&ビタミンC誘導体!!

.丱螢機能『人口皮脂膜のような働きがあり、お肌の水分蒸発や外部からの刺激を防ぎます』
肌なじみの良さ『構造がお肌に近いので、つけた瞬間にスッと肌になじみます』
潤いの力の持続『細胞間脂質似た構造なので、お肌の潤いを長時間持続させます』
い肌を弱酸性に整え、過剰なアクネ菌などの繁殖を防ぎ、バリア機能を改善させます。

*メラニン生成をブロックするメラニン生成抑制成分や皮脂分泌抑制成分が配合された洗顔・化粧水・美容液で、シミ・シワ・ソバカスを防ぐケア、そして過剰な皮脂分泌を抑えたりテカリやニキビなどのトラブルを防ぐケアを行います。
また、乾燥と無縁と思われがちな夏でも、エアコンや紫外線・近赤外線ダメージによる水分不足を補います。

*美白スキンケア発想のエビーゼヒカリエイジングスキンケアシリーズに配合している主な『光老化対策』・『美白作用』・『メラニン抑制作用』成分をご紹介します。 『光老化対策』 リンゴ果実培養細胞エキス・アスタキサンチン・エクトイン・セージ葉エキス・ヒメフウロエキス・シア脂など。 『美白作用』 ビタミンC誘導体(テトラへキシルデカン酸アスコルビル)・オレイン酸ポリグリセリルー10・PVP・フラーレン・コメヌカ油・コメヌカフィンゴ糖脂質・ユキノシタエキス・エーデルワイス・カミツレ油・カニナバラ果実油・ナツメ果実油・カンゾウ根エキスなど。 『メラニン抑制作用』 マリンプラセンタ・グリセリルグルコシド・セージ葉エキス・オウゴン根エキス・ヒメフウロエキスなど。

お肌にエビーゼコスメの浸透をより高める方法として、モイストローションをコットンに染み込ませたものを肌に密着させていただきます(効果はシートパック・コスパと同様です)。 そして、その上からサランラップ等で目、鼻、口を避けて覆います。サランラップは一枚を顔にするのではなくおでこ、花、Uゾーンに分けるとお顔に貼りやすくなります。 そうすることにより、保湿・保温され、有効成分の角質層への浸透を高めることが出来ます。お肌が敏感になっていたり、肌荒れを起こしているときには特に有効的です。

*注意 お肌が乾燥しきってガサガサ・ゴワゴワしているときは、化粧水をはじいて、中々浸透しないとき、いっそピーリング剤やスクラブでガサつく部分を一掃したらと思うこともあるかもしれませんが、 かえって乾燥を招きますので、おやめ下さい。

期間限定!!特別プレゼントキャンペーン!!